なし
987654321 
       
         
         
        
Shogi uah22.svg
       
なし
第1図 1手目▲4六歩まで

初手▲4六歩戦法。

昔は ▲2六歩と飛車先の歩を突く手と、▲7六歩と角道を開ける手が最善手とされていた。しかし昨今のネット将棋では、▲4八銀や端歩をつくケースも結構多い。

初手▲4六歩はあまり早くこの歩を突くと作戦の幅を狭めることにもなるが、狙いは素早く4五の位をとって主導権を握る狙いを秘めた積極的な差し方。


△8四歩以下編集

△8四歩には普通に▲4八銀、で一局。ただしここで▲4八銀に変えて▲4五歩と突くと以下△8五歩▲7八金△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△4六飛▲4八飛△同飛成▲同金△6二玉(第2図)との指し方が予想される。

飛歩
987654321 
 
       
 
         
        
         
 
      
  
第2図 △6二玉まで



△3四歩以下編集

△3四歩以下は▲4八飛△8四歩▲4五歩△8五歩▲7八金△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8二飛▲3八銀△3二金 ▲4七銀△6二銀▲4六銀△4二銀▲6八銀△5四歩▲5六歩△4一玉▲6九玉△3三銀▲7六歩△3一角▲3六歩など(第3図)。以降△5二金ならそのときは▲3五歩△同歩▲同銀△6四角▲3四歩△2二銀▲4四歩と攻めが続く。

途中▲6八銀で▲7六歩と突いたりすると、△8八角成▲同銀△6五角がある。

987654321 
  
      
  
       
        
     
    
     
   
なし
第3図 ▲3六歩まで


脚注編集


参考文献編集

このページ「将棋/▲4六歩」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。