Wikipedia
ウィキペディアJava言語の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリーJavaの記事があります。

メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > Java


本書は、Javaの技術を全体的に見渡すことができるように、いくつかのパートに分けて解説を進めます。 なので読者は、本書の解説は知りたい部分だけを選んで読んでも構いません。

入門の文法編集

  • 概要
Javaクイックツアー (Javaとはどんなものか / Javaの現状)
  • かんたんなJava入門
プログラミングのための準備 (インストール方法など)
Hello world (コンパイル方法、実行方法、printfとprintln など)
  • かんたんな基礎
算術演算
変数と代入演算
反復処理
条件分岐
  • クラスと関数
クラス

発展事項編集

クラスの書式 / 継承
/文法 メソッド ※ クラスでメソッドを説明したので、一旦リンク除去
フィールドと変数
変数とは / フィールドとは / データ型の種類 / ラッパークラス
パッケージ
ジェネリクス
アノテーション
オートボクシング

J2SE / Java SE編集

基本的なAPIの使い方
Calendar
Date
String
StringBuffer

※ 未作成編集

※ 下記の記事は、教科書本体ができて、ある程度の完成度になったら、「未作成」以外の独立した節に移動してください。

テスティング編集

テスティング入門
テストとは何か / テストはなぜ重要か / テスト駆動はなぜ重要か
テストを書いてみよう

J2EE / Java EE編集

JSP入門
サーブレット入門

歴史編集

アメリカの代表的なコンピュータ企業の1つに、サン・マイクロシステムズという大企業がありました。

サン・マイクロシステムズ社は、1995年5月23日に、新しいプログラミング言語と、それを稼働させるプラットフォームを公式発表しました。 その言語とプラットフォームには、その総称として、Javaという名が付けられていました。 すなわち、本書で解説する技術の誕生です。 Javaは“未来を変える技術”として、当時耳目を集め、大いに喧伝されました。

その後のJavaの歩みは、必ずしも当時描かれた夢のとおりだったとは限りません。 しかし、多少の曲折を経ながらもJavaは急速に、そして深く浸透し、現在では欠かすことのできない主要な開発技術の1つとして数えられるに至っています。 その技術的な蓄積も、ドッグイヤーと呼ばれる急速な流れの中で、すでに簡単には語り尽くせぬ厚味ができていると言ってよいでしょう。

GUIツール

かつて「Javaアプレット」という、JavaでGUIなどを簡単に作れるツール群が開発されていましたが、現代ではJavaアプレットは廃止されています。しかし別のツール群で21世紀の現代(2021年に本文を記述)でも容易にGUIをJavaで作れます。awtやswing、JavaFXなど(それぞれ別ツール)のJava用 GUI制作ツール群により、現代でもJavaでGUIアプリの制作が可能です。GUIについては、他の単元で説明します。

国際規格は無い

Javaは国際規格には、なっていません。かつて1990年代の後半頃、Javaの国際規格化が議論されましたが、そのまま国際規格にならないまま、現代に至っています。なお(Javaと比較される事も多い)C#には国際規格が存在します。)

執筆者むけの告知編集

執筆者は、既存のページを修正できるだけでなく、Javaに関するまだ書かれていない重要な分野について、いつでも新規に書き起こし、それをこのページからリンクすることができます。

もちろんJavaは、現在も発展し続けています。その学習や、あるいはその情報伝達のために、ぜひ本書を活用してください。

関連項目編集

ライブラリ編集

Apache Commons Lang

※記述中編集

GUI編集

※ GUIアプリをどこの単元に入れればいいか分からないので、とりあえず目次ページに間借りします。Java詳しい人がいれば、適切なページに移動してください。
※ Javaアプリの解説をしたいので、GUI関連の単元はwikibooksにも欲しい。

GUI をJavaで表示するには、awtというライブラリをインポートします。標準的なJavaをインストールしてあれば、下記のようにimport 命令をコード中に書くだけでインポートできます(コード外でのインストール作業は不要です。)

WindowsだけでなくLinuxのopen-jdkでもawtは使えてGUI表示できるので、安心して使って良い。(※ Fedora 35 で 2021年11月4日に実機で下記コードを実行して確認済み。)

sample.java

import java.awt.*;
import java.awt.event.*; // これないとウィンドウ閉じれない

public class sample extends Frame {
    public static void main(String [] args) {
       sample sm =  new sample();
    }
    sample() {
        super("ここはタイトル"); // ウィンドウのタイトル欄に表示される 
        
        addWindowListener(new windowTozireru()); // 後述のウィンドウ閉じるようにクラスを読み込ませる必要あり
        
        setSize(250, 200); // ウィンドウサイズの設定
        setVisible(true); // 表示/非表示の切り替え。trueなら表示。falseなら非表示。
        //show(); // 近年のバージョンでは、これあると二重に読み込んでしまいエラー
    }
} 

// ウィンドウを閉じれるようにするのに必要
class windowTozireru extends WindowAdapter
{
  public void windowClosing(WindowEvent e)
  {
    System.exit(0);
  }

}

ウィンドウを作成するには、awtの Frame クラスを使います(コードの前半のextends の先に「Frame」があります)。上記コードのように main() メソッド内でFrame クラスを宣言するのが一般的です[1]

なお、コード後半にある、ウィンドウ閉じる関連のクラスのコード中の extends の先にある windowAdapterクラス というのは、一通りのイベントに対応したクラスです。上記コードでは可読性を考えてウィンドウ閉じる関連のクラスをmain()メソッドとは分離しましたが、別にmain()メソッド内でウィンドウ閉じる関連のクラスを記述しても、コードは実行可能です(コード例については省略する)。

なお、個別のイベントに対応したクラスとしては、

windowOpened クラス
windowClosing クラス
windowIconified クラス

などがあります。個別のイベントを記述するのが面倒なら、WindowAdapterクラスでまとめてサンプルコードのように書くことも可能です。

windowClosing は予約語です。なので、もしつづりを間違えてコード入力すると、ウィンドウが閉じなくなります。ウィンドウリスナーを作成したさい、用意されるイベントの一種が windowClosing であり、意味は文字通り ウィンドウを閉じたというイベント のことを意味します。

ウィンドウ終了させるには、入力ミスなどが無ければ、ウィンドウ右上のXボタン(閉じるボタン)をクリックすれば普通に終了します。

もし入力ミスなど何らかの原因でウィンドウが閉じなくなった場合、ウィンドウを終了させるには、Java起動に用いたコマンド端末(例えばWindowsの場合ならコマンドプロンプト)ごと終了します。

このページ「Java」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。
  1. ^ 高橋麻奈『やさしいJava 第6版』、SB Creative、P504